ITEM DETAIL
  • mezaik Milky soft
  • mezaik Milky soft
  • mezaik Milky soft
  • mezaik Milky soft
  • mezaik Milky soft

mezaik Milky soft

【商品番号】M0853

¥935-(税込)

【内容品】 ◎ミルキーソフト1本 ◎スティック ◎取扱説明書
数量

失敗してもやり直せる透明のりで簡単ふたえ

返品・交換についての詳細はこちら

商品のお問い合せはこちら

DETAIL

軸先がスティックだからキレイに仕上がる 濡れても白くならない透明ソフトのり

<スティックタイプ透明のり>

Milky Soft は、やさしく肌に貼りつく力でふたえを形成します。貼り付けに失敗しても、ソッとはがして再度ふたえラインを作り直せます。 ※何度もやり直すと粘着力が無くなります。そんな時は初めからやり直してください。 肌に優しいノンラテックス処方。スティックタイプの軸先で狙った場所をピンポイントで塗れます。

本体材料
水、エタノール、アクリレーツコポリマー、(メタクリロイルオキシエチルカルボキシベタイン/メタクリル酸アルキル)コポリマー、ペンチレングリコール、グリチルリチン酸2K、メチルパラベン
注意事項
  • お肌に異常が生じていないかよくご注意ください。
  • お肌に合わないときはご使用をおやめください。
  • 添付「取扱説明書」をお読みになり正しくご使用ください。

RECOMMENDED

こんな人にオススメです

-ふたえラインを癖づけたい
-薄づきでキレイに仕上げたい
-失敗してもやり直せるものがいい
-肌に優しいタイプがいい

ITEM MAP

REVIEW

  • 満足度4
    2017/02/22

    ななさん (30代前半女性/会社員)
    液タイプなのに筆じゃないのが新しい。

  • 満足度5
    2017/02/22

    ともみさん (20代前半女性/学生)
    今まで使ったのりタイプよりべたつき感が無いのに意外に強力にくっついて二重をつくるのが簡単。突っ張り感もなくて自然。

  • 満足度3
    2017/02/22

    ゆりさん (20代前半女性/学生)
    ファイバーと比べると、ノリタイプだからとれやすく感じました。

  • 満足度4
    2016/12/21

    みくさん (30代前半女性/会社員)
    思ったよりもしっかりとくっついた。

  • 満足度4
    2016/12/21

    かなみさん (20代前半女性/会社員)
    少し引きつるけど、キレイに二重がつくれると思います。

  • 満足度2
    2016/12/21

    さなさん (30代前半女性/会社員)
    単体使用だと私の二重にはいまいち粘着が弱かったです。

  • 満足度4
    2016/10/26

    なつみさん (30代前半女性/会社員)
    やり直しが可能というのが魅力的!

  • 満足度3
    2016/10/26

    かなさん (20代前半女性/学生)
    ちょっと突っ張り感がつよかった。

  • 満足度4
    2016/08/24

    めいさん (20代前半女性/会社員)
    なじみがよく自然な感じがしました。

  • 満足度4
    2016/08/24

    あかねさん (20代前半女性/会社員)
    のりタイプなのでとれやすく感じた。

HOW TO USE

HOWTO USE

※ご使用の際は、商品台紙の裏面を必ずご確認くたさい。

  • 1

    まぶたを清潔にします。化粧水や乳液もはがれの原因になるので、コットン等で優しくおさえ、何もない状態にリセットしましょう。

  • 2

    ふたえにする位置を決めます。付属のピンク色のスティックをまぶたの黒目~目尻の間に当て、まつ毛の生え際から5ミリ程度を目安に、少しずつ上下に動かし、スティックのピン先1点でまぶた全体にふたえラインが入る位置を探しましょう。

  • 3

    ②で決めたふたえラインの上下2ミリ程度をアーモンド形に塗ります。
    <ポイント>容器口で軽く軸先をしごいてから、薄く液を塗るのがキレイに仕上げるコツです。

  • 4

    半乾きになったら、そのまま軸先でふたえラインを押さえて目を開け、ふたえを作ります。ふたえが整ったら軸先を目頭側に引き抜きましょう。

  • 5

    <step.4 のやり方が難しいとき>
    付属スティックのY 字側でふたえラインの中央をおさえ、上目づかいに目を開けます。ふたえラインが形づいたら、ふたえを崩さないようゆっくりスティックを目尻側へ引き抜きましょう。

  • 6

    付属スティックで目頭・目尻を整えれば完成です。

MEMO

アイメイクはふたえ形成後をおすすめします。オフの際は通常のクレンジング剤をご使用ください。失敗した時はソッとはがしてから、ふたえを作り直してください。